研究室の業績

原著論文

Human neutrophils show decreased survival upon long-term exposure to clozapine

Aya Goto, Akira Yoshimi, Tomoko Nagai, Mako Ukigai, Akihiro Mouri, Norio Ozaki, Yukihiro Noda

Human Psychopharmacology: Clinical and Experimental, 32, e2629 (2017)

原著論文

Adolescent stress leads to glutamatergic disturbance through dopaminergic abnormalities in the prefrontal cortex of genetically vulnerable mice

Yurie Matsumoto, Minae Niwa, Akihiro Mouri, Yukihiro Noda, Takeshi Fukushima, Norio Ozaki, Toshitaka Nabeshima

Psychopharmacology, 234, 3055-3074 (2017)

原著論文

The involvement of brain-derived neurotrophic factor in 3,4-methylenedioxymethamphetamine-induced place preference and behavioral sensitization

Akihiro Mouri, Yukihiro Noda, Minae Niwa, Yurie Matsumoto, Takayoshi Mamiya, Atsumi Nitta, Kiyofumi Yamada, Shoei Furukawa, Tatsunori Iwamura, Toshitaka Nabeshima

Behavioural Brain Research, 329, 157-165 (2017)

原著論文

模擬患者参加型の多職種連携教育(つるまい・名城IPE)の有用性

後藤 綾、半谷眞七子、吉見 陽、内田美月、竹内佐織、會田信子、末松三奈、阿部恵子、安井浩樹、亀井浩行、野田幸裕

薬学雑誌,137,733-744(2017)

原著論文

A大学看護学生の協同学習に対する認識と影響要因

會田信子、三好沙知、河地美紀、山下麻衣、山崎古都、半谷眞七子、阿部恵子、野田幸裕、亀井浩行、末松三奈、安井浩樹、植村和正

医学教育,48,59-69(2017)

原著論文

High-resolution copy number variation analysis of schizophrenia in Japan

Itaru Kushima, Branko Aleksic, Masahiro Nakatochi, Teppei Shimamura, Tomoko Shiino, Akira Yoshimi, Hiroki Kimura, Yuto Takasaki, Chenyao Wang, Jingrui Xing, Kanako Ishizuka, Tomoko Oya-Ito, Yukako Nakamura, Yuko Arioka, Takuji Maeda, Maeri Yamamoto, Mami Yoshida, Hiromi Noma, Shuko Hamada, Mako Morikawa, Yota Uno, Takashi Okada, Tetsuya Iidaka, Shuji Iritani, Mitsuhiro Miyashita, Akiko Kobori, Makoto Arai, Masanari Itokawa, Min-Chih Cheng, Yang-An Chuang, Chia-Hsiang Chen, Michio Suzuki, Tsutomu Takahashi, Ryota Hashimoto, Hidenaga Yamamori, Yuka Yasuda, Yuichiro Watanabe, Ayako Nunokawa, Toshiyuki Someya, Masashi Ikeda, Nakao Iwata, Tomoko Toyota, Takeo Yoshikawa, Shusuke Numata, Tetsuro Ohmori, Shohko Kunimoto, Daisuke Mori, Norio Ozaki

Molecular Psychiatry, 22, 430-440 (2017)

原著論文

Effects of clozapine on adipokine secretions/productions and lipid droplets in 3T3-L1 adipocytes

Tomomi Tsubai, Akira Yoshimi, Yoji Hamada, Makoto Nakao, Hiroshi Arima, Yutaka Oiso, Yukihiro Noda

Journal of Pharmacological Sciences, 133, 79-87 (2017)

原著論文

Retrospective survey and evaluation of first-line antibiotics for chemotherapy-induced febrile neutropenia in patients with acute myeloid leukemia

Naoki Mukoyama, Marie Nakashima, Koichi Miyamura, Akira Yoshimi, Yukihiro Noda, Kazuhiro Mori

Nagoya Journal of Medical Science, 79, 17-26 (2017)

著書・総説

うつ病

岩本邦弘、吉見 陽、野田幸裕

調剤と情報,じほう,東京,23,572-579(2017)

著書・総説

統合失調症薬物治療

吉見 陽

薬事日報,11838,6(2017)

著書・総説

精神科医療の発展に向けた薬剤師の役割-基礎研究者の立場から 精神科医療における基礎と臨床研究から薬物治療への介入

野田幸裕

日本精神薬学会誌,1(1),38-40(2017)

著書・総説

執行委員会と総務委員会の連携による事業・調査研究などの検討・推進

野田幸裕、亀井浩行

日本精神薬学会誌,1(1),6(2017)

著書・総説

気分障害の神経精神機能におけるニコチン関連分子の探索-基礎と臨床研究からのアプローチ-

野田幸裕、吉見 陽、内田美月、尾崎紀夫

平成28年度喫煙科学研究財団研究年報,2016,503-507(2017)

著書・総説

A strategy for treating in deficits of social behaviors induced by exposure to social defeat stress as juveniles

長谷川章、三宅裕里子、吉見 陽、肥田裕丈、毛利彰宏、山田清文、尾崎紀夫、鍋島俊隆、野田幸裕

日本神経精神薬理学雑誌,37,93-94(2017)

著書・総説

Changes of serotonergic functions are mediated via metabolic control of serotonin transporter in stressed mice

伊藤貴博、肥田裕丈、山本文哉、長谷川章、毛利彰宏、尾崎紀夫、野田幸裕

日本神経精神薬理学雑誌,37,79-80(2017)

著書・総説

クロザピン誘発性血液毒性の発現におけるヒスタミンH4受容体との関連性

後藤 綾、毛利彰宏、永井智子、浮貝真子、椿井 朋、肥田裕丈、尾崎紀夫、野田幸裕

日本神経精神薬理学雑誌,37,51-52(2017)

著書・総説

クロザピン誘発細胞毒性の発現機序に関する研究

野田幸裕、後藤 綾、椿井 朋、吉見 陽

名城大学総合研究所紀要,22,173-174(2017)

著書・総説

第3章 臨床現場で学ぶ心構え、第7章 7・2 薬歴・患者の状態から適切に疑義照会を実践する

野田幸裕、吉見 陽

臨床薬学Ⅰ(スタンダード薬学シリーズⅡ-7),東京化学同人,東京,26-29/112-123(2017)

著書・総説

Histamine H4 receptor is involved in clozapine-induced hematopoietic toxicity: vulnerability under granulocytic differentiation of HL-60 cells

後藤 綾、毛利彰宏、永井智子、浮貝真子、椿井 朋、肥田裕丈、尾崎紀夫、野田幸裕

日本神経精神薬理学雑誌,37,51-52(2017)

著書・総説

第2章 精神・神経疾患 case11 頭痛

野田幸裕、吉見 陽

処方管理学,南山堂,東京,137-156(2017)

著書・総説

Ⅲ章疾患と薬物治療68熱性けいれん、77うつ病・躁うつ病、81薬物依存、82アルコール依存症

野田幸裕、吉見 陽、毛利彰宏

薬物治療学第6版,南山堂,東京,503/575-590/615-621/622-623(2017)

著書・総説

座談会 統合失調症患者の服薬アドヒアランス

仙波純一、 野田幸裕、吉尾 隆、住吉太幹

精神科臨床 Legato,3,176-183(2017)

著書・総説

第2章薬剤師が教えるワンランク上の医薬品情報の収集・活用術2.知らないと困る医薬品情報の基本–インタビューフォーム、RMP

伊東和真

月刊薬事2017年1月臨時増刊号(Vol.59 No.2)エキスパートが教える 薬の使い方×エビデンスの調べ方,じほう,東京,372-380(2017)

学会発表

ハンチントン病死後脳から抽出したゲノムで確認したCAGリピート数と臨床症状の関係

平野光彬、入谷修司、藤城弘樹、鳥居洋太、羽渕知可子、岩田 拡、関口裕孝、吉見 陽、粉川 進、藤田 潔、吉田眞理、尾崎紀夫

第36回日本認知症学会学術集会(金沢:2017年11月24日)

学会発表

薬剤師外来における吸入療法支援:吸入指導と評価方法の統一化

野田幸裕、浮貝真子、後藤 綾、肥田裕丈、宮崎雅之、山田清文、吉見 陽

第27回日本医療薬学会年会(千葉:2017年11月3日)

学会発表

実務実習における常駐教員の取り組み:救急蘇生/生体情報モニター・聴診実習における症例基盤型学習の導入と改善

梅村 朋、吉見 陽、白松貴子、日比陽子、伊藤教道、山田清文、野田幸裕

第27回日本医療薬学会年会(千葉:2017年11月3日)

学会発表

児童参加体験型の薬物乱用防止教育の効果

柳本佳南、後藤 綾、吉見 陽、鍋島俊隆、野田幸裕

第50回日本薬剤師会学術大会(東京:2017年10月9日)

学会発表

認知機能におけるグルタミン酸トランスポーター(GLAST)の役割

野田幸裕、内田美月、長谷川章、北垣伸治、尾崎紀夫、田中光一、吉見 陽

第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会合同年会(札幌:2017年9月28日)

学会発表

統合失調症患者の薬物療法に関する処方実態調査

中川将人、宇野準二、加藤 剛、梅田賢太、高田憲一、三輪高市、天正雅美、野田幸裕、吉尾 隆

第1回日本精神薬学会総会・学術集会(東京:2017年9月24日)

学会発表

3T3-L1細胞における脂肪滴蓄積およびレプチンの分泌に対するクロザピンの作用

梅村 朋、藤井菜々美、濱田洋司、有馬 寛、吉見 陽、野田幸裕

第1回日本精神薬学会総会・学術集会(東京:2017年9月24日)

学会発表

統合失調症様モデル動物における精神行動障害に対するニコチンの緩解作用と依存との関連性

山田將玖郎、添田光輝、内田美月、吉見 陽、北垣伸治、久島 周、尾崎紀夫、野田幸裕

平成29年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会(横浜:2017年9月9日)

学会発表

Role of serotonin transporter phosphorylated by protein kinase C in depressive-like behaviors of the stressed mice

Takahiro Ito, Yuka Hiramatsu, Mizuki Uchida, Hirotake Hida,  Fumiya Yamamoto, Akira Yoshimi, Norio Ozaki, Yukihiro Noda

第60回日本神経化学会大会(仙台:2017年9月8日)

学会発表

薬学教育モデル・コアカリキュラム改訂に伴う新規OSCE課題のトライアル

野田幸裕、岡村 昇、橋詰 勉、入江徹美、石田志朗、木内祐二、木津純子、田村 豊、富岡佳久、中嶋幹郎、松下 良、松元一明、有田悦子、吉冨博則、奥 直人

第2回日本薬学教育学会大会(名古屋:2017年9月3日)

学会発表

2016年度薬学共用試験報告

石川さと子、伊藤智夫、中村明弘、増野匡彦、伊藤 喬、橋詰 勉、宮崎 智、前田定秋、山口政俊、出口芳春、石塚忠男、三田智文、入江徹美、野田幸裕、飯島史朗、松野純男、奥 直人

第49回日本医学教育学会(札幌:2017年8月18日)

学会発表

クロザピン反応性代謝物による細胞毒性におけるヒスタミンH4受容体の関与

浮貝真子、後藤 綾、田代侑子、吉見 陽、尾崎紀夫、野田幸裕

第63回日本薬学会東海支部大会(岐阜:2017年7月8日)

学会発表

名古屋大学医学部附属病院の実務実習の現状 ~新コアカリキュラム実習に向けて~

日比陽子、伊藤教道、椿井 朋、白松貴子、吉見 陽、野田幸裕、山田清文

医療薬学フォーラム 2017/第25回クリニカルファーマシーシンポジウム(鹿児島:2017年7月2日)

学会発表

3T3-L1細胞におけるインスリンとグルコースによるレプチン分泌への影響

梅村 朋、濱田洋司、藤井菜々美、吉見 陽、有馬 寛、野田幸裕

医療薬学フォーラム 2017/第25回クリニカルファーマシーシンポジウム(鹿児島:2017年7月1日)

学会発表

ヒト好中球に対するクロザピンの長期間曝露による細胞生存への影響

後藤 綾、吉見 陽、永井智子、毛利彰宏、尾崎紀夫、野田幸裕

医療薬学フォーラム 2017/第25回クリニカルファーマシーシンポジウム(鹿児島:2017年7月1日)

学会発表

統合失調症患者の薬物療法に関する処方実態調査(2016 年)~全国127 施設の調査から~

宇野準二、長谷川毅、中川将人、志田雅彦、黒沢雅広、谷藤弘淳、加藤 剛、高橋結花、宮原佳希、本多智子、梅田賢太、北川航平、柴田木綿、高田憲一、三輪高市、天正雅美、野田幸裕、吉尾 隆

第113回日本精神神経学会学術総会(名古屋:2017年6月22日)

学会発表

薬学共用試験 OSCE の結果解析– 2016 –

富岡佳久、岡村 昇、橋詰 勉、入江徹美、野田幸裕、有田悦子、石田志朗、木内祐二、木津純子、田村 豊、中嶋幹郎、松下 良、松元一明、吉冨博則、宮崎 智、伊藤智夫、奥 直人

日本薬学会第137年会(仙台:2017年3月26日)

学会発表

チーム基盤型学習(Team-Based Learning:TBL)の 1 年次「薬剤師の使命Ⅰ」への導入

飯田耕太郎、野田幸裕

日本薬学会第137年会(仙台:2017年3月26日)

学会発表

がん化学療法に伴う消化器症状の発現におけるセロトニン関連分子の関連性

加藤奈波、後藤 綾、市川和哉、宮崎雅之、松岡史華、髙木修平、岡本誉士典、神野透人、山田清文、吉見 陽、野田幸裕

日本薬学会第137年会(仙台:2017年3月26日)

学会発表

シスプラチンベースのがん化学療法に伴う消化器症状を軽減した最適な治療法に関する調査

岩田未来、後藤 綾、太田美里、田中理子、宮崎雅之、山田清文、吉見 陽、野田幸裕

日本薬学会第137年会(仙台:2017年3月26日)

学会発表

Psychobehavioral abnormalities developed by combined administration of a neonatal prostaglandin E2 with an adolescent phencyclidine

Saori Takeuchi, Hirotake Hida, Kentaro Mori, Shinji Kitagaki, Akira Yoshimi, Yukihiro Noda

第90回日本薬理学会年会(長崎:2017年3月15日)

学会発表

Functional roles of glial glutamate transporter in psychobehavioral abnormalities of mice administered phencyclidine repeatedly

Mizuki Uchida, Hirotake Hida, Kentaro Mori, Shinji Kitagaki, Norio Ozaki, Kohichi Tanaka, Akira Yoshimi, Yukihiro Noda

第90回日本薬理学会年会(長崎:2017年3月15日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

4年次名古屋大学特別講義IPE

野田幸裕、半谷眞七子、吉見 陽

名古屋大学医学部(名古屋:2017年12月19日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

地域医療教育学(4年次)

野田幸裕、吉見 陽

名古屋大学医学部(名古屋:2017年12月15日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

第4回名古屋・名城糖尿病IPE(多職種の医療系学生の企画・運営による患者参加型糖尿病教室)

半谷眞七子、亀井浩行、野田幸裕、吉見 陽

尾洲病院(一宮:2017年11月11日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

医学入門(1年次)

野田幸裕、吉見 陽

名古屋大学医学部(名古屋:2017年10月18日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

第4回名古屋・名城糖尿病IPE(多職種の医療系学生の企画・運営による患者参加型糖尿病教室)

半谷眞七子、亀井浩行、野田幸裕、吉見 陽

名古屋大学医学部(名古屋:2017年10月14日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

認知機能とドパミンD3受容体:治療薬としての可能性(基盤医学特論・特徴あるプログラム)

野田幸裕

名古屋大学大学院医学系研究科(名古屋:2017年10月10日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

人体とくすり(薬理学講義)

野田幸裕、吉見 陽

公立春日井小牧看護専門学校(春日井:2017年9月12日〜2018年1月26日の15回開催)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

抗精神病薬の薬理作用:ドパミンD3受容体の可能性

肥田裕丈

第5回いばらきエリアフォーラム(茨城:2017年9月8日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

医学生、看護学生、薬学生と共にチーム医療を学ぶ:認知症を抱える糖尿病患者に対する療養指導および療養生活支援計画の立案(平成29年度ポリクリIPE)

野田幸裕、吉見 陽、半谷眞七子

名古屋大学医学部(名古屋:2017年5月19日〜2018年2月9日の17回開催)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

新入職員オリエンテーション「医療面接」

野田幸裕

名古屋大学医学部(名古屋:2017年4月4日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

臨床研究の進め方 学術論文とは:精神科の臨床疑問から研究・論文へ

野田幸裕

平成29年度 日本精神薬学会・講習会(名古屋:2017年4月2日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

新生仔期プロスタグランジンE2処置マウスにおける若齢期フェンシクリジン連続投与による精神行動への影響

竹内佐織、肥田裕丈、森健太郎、内田美月、北垣伸治、吉見 陽、野田幸裕

第26回神経行動薬理若手研究者の集い(福岡:2017年3月14日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

フェンシクリジン連続投与によるグルタミン酸トランスポーターの発現増加が精神神経機能に与える影響

内田美月、肥田裕丈、森健太郎、竹内佐織、北垣伸治、尾崎紀夫、吉見 陽、野田幸裕

第26回神経行動薬理若手研究者の集い(福岡2017年3月14日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

シンポジウム これからの精神科薬剤師の役割:~専門性のさらなる飛躍に向けて~

野田幸裕

般社団法人 日本精神薬学会 創立記念講演会・祝賀会(東京2017年3月11日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

一般演題 精神科外来患者における抗うつ薬および抗不安薬の処方実態調査

肥田裕丈

第8回鶴舞薬剤師セミナー –うつ病を考える–(名古屋2017年3月1日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

医学生、看護学生、薬学生と共にチーム医療を学ぶ:吸入指導への介入(平成28年度ポリクリIPE)

野田幸裕、半谷眞七子、吉見 陽

名古屋大学医学部(名古屋:2016年4月8日~2017年2月24日の17回)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

神経精神疾患関連因子の機能解析:モデル動物からのアプローチ(基盤医学特論)

野田幸裕

名古屋大学大学院医学系研究科(名古屋:2017年2月15日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

地域における多職種連携(4年次名古屋大学特別講義IPE)

野田幸裕、半谷眞七子、吉見 陽

名古屋大学医学部(名古屋:2017年1月24日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

人体とくすり(薬理学講義) 

野田幸裕、吉見 陽

公立春日井小牧看護専門学校(春日井:2016年9月16日~2017年1月13日の15回)

市民講座・社会活動など

くすりの正しい飲み方:くすりと安全に安心して付き合う「くすり教室:実験講座」「薬物乱用・依存」

野田幸裕、間宮隆吉、伊藤貴博、鍋島俊隆

名古屋市立栄小学校(名古屋:2017年11月14日)

市民講座・社会活動など

くすりの正しい飲み方:くすりと安全に安心して付き合う「くすり教室:実験講座」「薬物乱用・依存」

野田幸裕、間宮隆吉、友松典子、内田鷹司、いまみゆき、溝口莉菜、武藤利奈、角田千佳、中村真理子、岩永周子、蛯江裕美、高須光平、鍋島俊隆

名古屋市立八事小学校(名古屋:2017年9月13日)

市民講座・社会活動など

くすりの正しい飲み方:くすりと安全に安心して付き合う「くすり教室:実験講座(事前講義)」

野田幸裕、間宮隆吉、岩田未来、浮貝真子、加藤奈波、田代侑子、林 千裕、高木修平、中村真理子、高須光平、蛯江裕美

尾西生涯学習センター(一宮:2017年8月6日)

市民講座・社会活動など

名城大学公開講座 家族と学ぼう!くすり実験教室

 

間宮隆吉、野田幸裕、柳本佳南、内田美月、藤井菜々美、加藤清香、城間由奈、平松愉加、村川依代、添田光輝、角田千佳、岩永周子、溝口莉菜、内田鷹司、武藤利奈、友松典子、鍋島俊隆

名城大学八事キャンパス(名古屋:2017年8月5日)

市民講座・社会活動など

くすりとの上手なつきあい方:高齢者を対象としたくすりの正しい飲み方・使い方

野田幸裕、吉見 陽、後藤 綾、伊藤貴博、柳本佳南、岩田未来、浮貝真子、加藤奈波、磯村優希、林 千裕、平松愉加、村川依代、髙木修平、間宮隆吉、鍋島俊隆

東浦町文化センター(知多:2017年3月18日)

市民講座・社会活動など

高齢者向け薬教室

後藤 綾、浮貝真子、加藤奈波、野田幸裕

デイサービスセンター泉(名古屋:2017年3月10日)

学術賞・表彰など

学術論文賞

河合早紀

愛知県病院薬剤師会 (2017年6月18日)

学術賞・表彰など

優秀発表賞

内田美月

第26回神経行動薬理若手研究者の集い(2017年3月14日)

学術賞・表彰など

最優秀発表賞

竹内佐織

第26回神経行動薬理若手研究者の集い(2017年3月14日)