研究室の業績

原著論文

Inhibition of neprilysin by infusion of thiorphan into the hippocampus causes an accumulation of amyloid β and impairment of learning and memory

Li-Bo Zou, Akihiro Mouri, Nobuhisa Iwata, Takaomi C. Saido, Dayong Wang, Min-Wei Wang, Hiroyuki Mizoguchi, Yukihiro Noda, Toshitaka Nabeshima

The Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics, 317, 334-340 (2006)

原著論文

An analog of a dipeptide-like structure of FK506 increases glial cell line-derived neurotrophic factor expression through cAMP response element-binding protein activated by heat shock protein 90/Akt signaling pathway

Xiaobo Cen, Atsumi Nitta, Shin Ohya, Yinglan Zhao, Naoya Ozawa, Akihiro Mouri, Daisuke Ibi, Li Wang, Makiko Suzuki, Kuniaki Saito, Yasutomo Ito, Tetsuya Kawagoe, Yukihiro Noda, Yoshihisa Ito, Shoei Furukawa, Toshitaka Nabeshima

The Journal of Neuroscience, 26, 3335-3344 (2006)

原著論文

Mice with neuron-specific accumulation of mitochondrial DNA mutations show mood disorder-like phenotypes

Takaoki Kasahara, Mie Kubota, Taeko Miyauchi, Yukihiro Noda, Akihiro Mouri, Toshitaka Nabeshima, Tadafumi Kato

Molecular Psychiatry, 11, 577-593 (2006)

原著論文

Neprilysin-sensitive synapse-associated amyloid-β peptide oligomers impair neuronal plasticity and cognitive function

Shu-Ming Huang, Akihiro Mouri, Hideko Kokubo, Ryuichi Nakajima, Takahiro Suemoto, Makoto Higuchi, Matthias Staufenbiel, Yukihiro Noda, Haruyasu Yamaguchi, Toshitaka Nabeshima, Takaomi C. Saido, Nobuhisa Iwata

Journal of Biological Chemistry, 281, 17941-17951 (2006)

原著論文

Inhibition of neprilysin by thiorphan (i.c.v.) causes an accumulation of amyloid β and impairment of learning and memory

Akihiro Mouri, Li-Bo Zou, Nobuhisa Iwata, Takaomi C. Saido, Dayong Wang, Min-Wei Wang, Yukihiro Noda, Toshitaka Nabeshima

Behavioural Brain Research, 168, 83-91 (2006)

原著論文

Effects of single and repeated administration of methamphetamine or morphine on neuroglycan C gene expression in the rat brain

Kazuhiro Ishikawa, Atsumi Nitta, Hiroyuki Mizoguchi, Akihiro Mouri, Rina Murai, Yoshiaki Miyamoto, Yukihiro Noda, Kiyoyuki Kitaichi, Kiyofumi Yamada, Toshitaka Nabeshima

International Journal of Neuropsychopharmacology, 9, 407-415 (2006)

原著論文

眼科病棟における薬剤師による点眼指導の有用性

宮崎雅之、山本雅人、大鹿みさき、野田幸裕、鍋島俊隆

愛知県病院薬剤師会雑誌,34,13‐15(2006)

原著論文

がん患者が訴える痛みの表現に基づく痛みの評価(第2報)愛知県病院薬剤師会疼痛質問表(APQ)を用いた鎮痛薬・鎮痛補助薬選択方法の検討

稲垣聡美、加藤勝義、丸山昌広、新美雅規、斎藤寛子、中野一子、野田幸裕、鍋島俊隆

医療薬学,32,788‐804(2006)

原著論文

がん患者が訴える痛みの表現に基づく痛みの評価(第1報)痛みの評価方法の検討

稲垣聡美、加藤勝義、福浦久美子、近藤工次、北村直子、山中潤子、斎藤寛子、中野一子、野田幸裕、鍋島俊隆

医療薬学,32,776‐787(2006)

原著論文

透析患者のシャント穿刺の痛みに対する局所麻酔法としてのリドカインのiontophoresis投与の有用性の検討

桐山典子、山村恵子、矢野亨治、櫻井恒久、野田幸裕、鍋島俊隆

医療薬学,32,591‐598(2006)

著書・総説

Animal model of schizophrenia: dysfunction of NMDA receptor-signaling in mice following withdrawal from repeated administration of phencyclidine

Toshitaka Nabeshima, Akihiro Mouri, Rina Murai, Yukihiro Noda

Ann. NY Acad. Sci., Palala Press,Australia,1086, 160‐168 (2006)

著書・総説

「薬学教育6年制とこれからの展望」薬学教育6年制における長期臨床実務実習にむけた医薬連携体制

野田幸裕、金田典雄

医薬ジャーナル,メテオ,東京,42,77‐80(2006)

著書・総説

嗅球摘出ラットうつ病モデルの特徴とsigma1受容体作動薬の作用

王 大勇、野田幸裕、鍋島俊隆

分子精神医学,先端医学社,東京,6,201‐204(2006)

著書・総説

「下部尿路機能障害 プライマリ・ケアのサポート」下部尿路機能障害のプライマリ・ケアへのサポート その他の下部尿路機能障害治療薬のDIと薬学管理

水谷佳代、石川和宏、野田幸裕、鍋島俊隆

薬局,57,3107‐3118 (2006)

著書・総説

「ズバッと答える臨床知識 学生・患者に説明できますか?」治療・薬の疑問 解熱薬でなぜ熱が下がるの?

川村由季子、野田幸裕

J. Integrated Med.,医学書院,東京,16,924‐926(2006)

著書・総説

抗精神病薬と患者への説明.病気と薬の説明ガイド2006

辻 美江、野田幸裕、千﨑康司、鍋島俊隆

南山堂,東京,1425‐1440(2006)

著書・総説

「精神疾患研究の新たな戦略 病態解明・治療を目指して」統合失調症動物モデル

毛利彰宏、野田幸裕、村井里菜、鍋島俊隆

細胞工学,学研メディカル秀潤社,東京,26,22‐27(2006)

著書・総説

グルタミン酸作動性神経系と統合失調症モデル動物

毛利彰宏、野田幸裕、溝口博之、鍋島俊隆

日本薬理学雑誌,メテオ,東京,127,4‐8(2006)

著書・総説

生化学からみたニコチン性アセチルコリン受容体とその機能

溝口博之、野田幸裕、鍋島俊隆

Cognition and Dementia,メジカルビュー社,東京,5,19‐25(2006)

著書・総説

「薬物依存の神経科学 違法ドラッグと覚せい剤による神経精神毒性」覚せい剤およびMDMAによる精神障害の発現と依存形成の分子機序 ドパミン作動性神経系とグルタミン酸作動性神経系のクロストーク

野田幸裕、毛利彰宏、鍋島俊隆

医学のあゆみ,メジカルビュー社,東京,217,1155‐1159(2006)

学会発表

An inducer for GDNF and TNF-α protects methamphetamine-induced rewarding effects and sensitization

Minae Niwa, Atsumi Nitta, Yuichiro Yamada, Kuniaki Saito, Mitsuru Seishima, Lei Shen, Yukihiro Noda, Toshitaka Nabeshima

36th Annual Meeting of Society for Neuroscience: Neuroscience 2006 (Atlanta, USA: 2006年10月15日)

学会発表

Inhibition of neprilysin by infusion of thiorphan into the hippocampus causes an accumulation of amyloid β and impairment of learning and memory

Akihiro Mouri, Yukihiro Noda, Nobuhisa Iwata, Takaomi C. Saido, Dayong Wang, Min-Wei Wang, Hiroyuki Mizoguchi, Li-Bo Zou, Toshitaka Nabeshima

36th Annual Meeting of Society for Neuroscience: Neuroscience 2006 (Atlanta, USA: 2006年10月15日)

学会発表

An analog of a dipeptide-like structure of FK506 increases glial cell line-derived neurotrophic factor expression through cAMP response element-binding protein activated by heat shock protein 90/Akt signaling pathway

Atsumi Nitta, Xiaobo Cen, Shin Ohya, Akihiro Mouri, Daisuke Ibi, Yukihiro Noda, Shoei Furukawa, Toshitaka Nabeshima

36th Annual Meeting of Society for Neuroscience: Neuroscience 2006 (Atlanta, USA: 2006年10月15日)

学会発表

Neprilysin deficiency increases synapse-associated amyloid-β oligomers and impairs hippocampal plasticity and cognitive function

Takahiro Suemoto, Shu-Ming Huang, Akihiro Mouri, Hideko Kokubo, Ryuichi Nakajima, Makoto Higuchi, Matthias Staufenbiel, Yukihiro Noda, Haruyasu Yamaguchi, Toshitaka Nabeshima, Takaomi C. Saido, Nobuhisa Iwata

36th Annual Meeting of Society for Neuroscience: Neuroscience 2006 (Atlanta, USA: 2006年10月14日)

学会発表

The survey of psychotropics and the risk for falls in inpatients

Akira Yoshimi, Yukihiro Noda, Harumi Miyata, Mie Tsuji, Akio Ito, Taku Nagai, Takahiro Soma, Yuichi Ueda, Toshitaka Nabeshima, Norio Ozaki

6th Annual Meeting of the International College of Geriatric Psychoneuropharmacology: ICGP2006 (Hiroshima: 2006年10月4日)

学会発表

MDMA連続投与マウスに認められる自発行動および認知行動障害におけるミトコンドリアの関与

森瀬貴子、野田幸裕、毛利彰宏、江崎光剛、亀井浩行、新田淳美、松葉和久、岩村樹憲、鍋島俊隆

第110回日本薬理学会近畿部会(京都:2006年11月10日)

学会発表

ストレス誘発うつ病モデル動物におけるニコチン連続投与による抗うつ作用

奥野友香、Zeng Nan、丹羽美苗、宮崎雅之、野田幸裕、新田淳美、鍋島俊隆

第110回日本薬理学会近畿部会(京都:2006年11月10日)

学会発表

精神科外来患者における抗精神病薬多剤併用状況に関する実態調査

辻 美江、野田幸裕、菅野秀紀、亀井浩行、千崎康司、石川和宏、伊藤亜紀雄、永井 拓、宮崎雅之、吉見 陽、松葉和久、鍋島俊隆、尾崎紀夫

第16回日本臨床精神神経薬理学会(北九州:2006年10月17日)

学会発表

名古屋大学医学部附属病院における転倒・転落入院患者の服薬状況

吉見 陽、野田幸裕、宮田はるみ、辻 美江、伊東亜紀雄、千崎康司、石川和宏、永井 拓、相馬孝博、上田裕一、鍋島俊隆、尾崎紀夫

第16回日本臨床精神神経薬理学会(北九州:2006年10月16日)

学会発表

平成17年度第1回名城大学薬学部 臨床薬学教育・研究推進センターOSCEの実施について

野田幸裕、武田直仁、灘井雅行、大津史子、半谷眞七子、亀井浩行、飯田耕太郎、田口忠緒、原 脩、田中賢二、西田幹夫、吉田 勉、松葉和久、金田典雄

第16回日本医療薬学会年会(金沢:2006年10月1日)

学会発表

シンポジウム9 薬学教育における実務家教員への期待とその役割:実務家教員の活動例-その1:名古屋大学との医薬連携によるチーム医療教育・研究の実践と臨床現場での薬学教育の構築

野田幸裕、鍋島俊隆

第16回日本医療薬学会年会(金沢:2006年10月1日)

学会発表

嘔気・嘔吐予防のためにステロイド剤を導入した婦人科癌化学療法プロトコールの評価

桐山典子、手塚智子、川村由季子、石川和宏、野田幸裕、鍋島俊隆

第16回日本医療薬学会年会(金沢:2006年10月1日)

学会発表

《大学展示》名城大学薬学部 臨床薬学教育・研究推進センターにおける薬学教育の取り組み 臨床医学の素養をもつ薬学生育成プログラム ~プロフェッショナルとしての臨床薬剤師の養成をめざして~

野田幸裕、伊藤達雄

第16回日本医療薬学会年会(金沢:2006年9月30日・10月1日)

学会発表

MMP-2/9 deficient mice show reduced responses to METH in behavioral changes and dopamine release

溝口博之,山田清文,丹羽美苗,毛利彰宏,水野朋子,野田幸裕,新田淳美,糸原重美,坂野喜子,鍋島俊隆

第28回日本生物学的精神医学会・第36回日本神経精神薬理学会・第49回日本神経化学会大会合同年会(名古屋:2006年9月16日)

学会発表

Involvement of glutamatergic-dopaminergic systems in MDMA-induced psychobehavioral deficits

毛利彰宏,野田幸裕,森瀬貴子,江崎光剛,新田淳美,亀井浩行,松葉和久,鍋島俊隆

第28回日本生物学的精神医学会・第36回日本神経精神薬理学会・第49回日本神経化学会大会合同年会(名古屋:2006年9月16日)

学会発表

Involvement of GDNF and TNF-α in inhibitory effects of Leu-lle on methamphetamine-induced dependence

丹羽美苗,新田淳美,山田裕一郎,斉藤邦明,清島 満,Liya Shen,野田幸裕,鍋島俊隆

第28回日本生物学的精神医学会・第36回日本神経精神薬理学会・第49回日本神経化学会大会合同年会(名古屋:2006年9月16日)

学会発表

Biochemical and behavioral abnormalities in mice suppressed endogenous DISC1 during neurodevelopment

村井里菜,野田幸裕,仲嶋一範,澤 明,鍋島俊隆

第28回日本生物学的精神医学会・第36回日本神経精神薬理学会・第49回日本神経化学会大会合同年会(名古屋:2006年9月16日)

学会発表

Role of Dopamine in synergistic effects of galantamine and risperidone on phencyclidine-treated mice

Wang Dayong,野田幸裕,周 園,新田淳美,鍋島俊隆

第28回日本生物学的精神医学会・第36回日本神経精神薬理学会・第49回日本神経化学会大会合同年会(名古屋:2006年9月16日)

学会発表

ミトコンドリアDNAの異常が神経特異的に蓄積するマウスは双極性障害の症状に類似した行動異常を示す

笠原和起、窪田美恵、宮内妙子、野田幸裕、毛利彰宏、鍋島俊隆、加藤忠史

第28回日本生物学的精神医学会・第36回日本神経精神薬理学会・第49回日本神経化学会大会合同年会(名古屋:2006年9月16日)

学会発表

ネプリライシンの阻害によるAβの蓄積と学習障害

毛利彰宏、野田幸裕、岩田修永、西道隆臣、Li-Bo Zou、Dayong Wang、Min-Wei Wang、溝口博之、鍋島俊隆

第12回日本行動薬理研究会(石川:2006年9月2日)

学会発表

Anti-comorbid anxiety-depressive effects of a sigma receptor agonist, SA-4503 in olfactory bulbectmized rats

Dayong Wang, Yukihiro Noda, Hiroko Tsunekawa, Yuan Zhou, Masayuki Miyazaki, Kouji Senzaki, Toshitaka Nabeshima

第12回日本行動薬理研究会(石川:2006年9月2日)

学会発表

メタンフェタミン連続投与による異常行動とマトリクスメタロプロテアーゼの生理活性変化

溝口博之、山田清文、丹羽美苗、毛利彰宏、野田幸裕、新田淳美、糸原重美、坂野喜子、鍋島俊隆

第12回日本行動薬理研究会(石川:2006年9月2日)

学会発表

フェンシクリジン連続投与マウスに認められる情動障害の発現過程における前頭前皮質NMDA-CaMKII伝達系の関与

松井香奈枝、野田幸裕、亀井浩行、村井里菜、毛利彰宏、永井 拓、新田淳美、松葉和久、鍋島俊隆

第12回日本行動薬理研究会(石川:2006年9月1日)

学会発表

フェンシクリジン連続投与マウスに認められる情動障害の発現過程における神経-グリア細胞の関与

村井里菜、野田幸裕、永井 拓、松井香奈枝、亀井浩行、新田淳美、松葉和久、鍋島俊隆

第12回日本行動薬理研究会(石川:2006年9月1日)

学会発表

薬学部1年生をOSCEのSPとして参加させる教育的意義について

半谷眞七子、亀井浩行、大津史子、田口忠緒、飯田耕太郎、原 脩、灘井雅行、武田直仁、野田幸裕、吉田 勉、西田幹夫、松葉和久、金田典雄

第38回日本医学教育学会大会(奈良:2006年7月29日)

学会発表

ランチョンセミナー8:認知障害を伴う神経精神疾患における新たな治療戦略

野田幸裕

第29回日本神経科学大会Neuroscience2006(京都:2006年7月20日)

学会発表

疎水性ジペプチドLeu-lleのGDNF誘導作用メカニズム

新田淳美、Xiabo Cen、大谷 晋、小沢直哉、野田幸裕、古川昭栄、鍋島俊隆

第109回日本薬理学会近畿部会(倉敷:2006年6月16日)

学会発表

医薬連携による臨床教育・研究の実践の構築:医療の現場での薬学教育-常駐教員主導型の名古屋大学病院における薬学部4年生の1ヶ月実習-

野田幸裕、伊藤達雄、葛谷孝文、石川和宏、鍋島俊隆

日本薬学会第126年会(仙台:2006年3月28日)

学会発表

Aβ25-35脳室内投与によって誘導される学習記憶障害に対するrosmarinic acidの改善作用

Alkam Tursun、新田淳美、伊東亜紀雄、溝口博之、恒川浩子、毛利彰宏、野田幸裕、鍋島俊隆

第79回日本薬理学会年会(横浜:2006年3月8-10日)

学会発表

脳内ネプリライシン活性の低下はシナプスにおける局所的オリゴマーAβの上昇を通して認知機能障害を引き起こす

岩田修永、毛利彰宏、小久保秀子、黄 樹明、中島龍一、末元隆寛、樋口真人、Staufenbiel Matthias、野田幸裕、山口晴保、鍋島俊隆、西道隆臣

第79回日本薬理学会年会(横浜:2006年3月8-10日)

学会発表

フェンシクリジン連続投与による前頭皮質ドパミンおよびグルタミン酸作動性神経系の機能低下と認知機能障害

毛利彰宏、野田幸裕、野田明宏、新田淳美、古川 宏、鍋島俊隆

第79回日本薬理学会年会(横浜:2006年3月8-10日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

チオルファンの海馬内投与によるネプリライシンの阻害はAβを蓄積させ学習障害を引き起こす

毛利彰宏,Li-Bo Zou,岩田修永,西道隆臣,Dayong Wang,Min-Wei Wang,溝口博之,野田幸裕,鍋島俊隆

第15回神経行動薬理若手研究者の集い(千葉:2006年3月7日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

メタンフェタミン誘発性行動障害におけるマトリックスメタロプロテアーゼの動態変化:細胞外ドパミン遊離量の調節

溝口博之,山田清文,丹羽美苗,毛利彰宏,野田幸裕,新田淳美,糸原重美,坂野喜子,鍋島俊隆

第17回マイクロダイアリシス研究会(東京:2006年12月2日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

統合失調症患者の服薬アドヒアランス向上を企図した心理教育とSSTを組み合わせた試み

辻 美江,野田幸裕,徳倉達也,鳥居洋太,富田顕旨,木村宏之,吉田契造,川村由季子,吉見 陽,千崎康司,西尾幸子,小久保 勲,鍋島俊隆,尾崎紀夫

第11回SST普及協会学術集会(名古屋:2006年12月1日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

精神科服薬指導:アドヒアランス向上,多剤併用の解消

野田幸裕

SST普及協会第11回学術集会・名古屋イブニングセミナー(名古屋:2006年12月1日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

臨床医学の素養をもつ薬学生育成プログラム~プロフェッショナルとしての臨床薬剤師の養成をめざして~

野田幸裕

平成18年度名城大学関西シンポジウム(大阪:2006年11月19日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

分科会:臨床医学の素養をもつ薬学生育成プログラム~プロフェッショナルとしての臨床薬剤師の養成をめざして~

野田幸裕

平成18年度大学教育改革プログラム合同フォーラム(横浜:2006年11月12日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

パネルディスカッション:臨床医学の素養をもつ薬学生育成プログラム~プロフェッショナルとしての臨床薬剤師の養成をめざして~

野田幸裕,亀井浩行

平成18年度大学教育改革プログラム合同フォーラム(横浜:2006年11月12日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

アミロイド代謝異常と認知機能障害

毛利彰宏,野田幸裕,岩田修永,黄 樹明,中島龍一,末元隆寛,樋口真人,Staufenbiel Matthisas,小久保秀子,山口晴保,西道隆臣,鍋島俊隆

第8回感情・行動・認知(ABC)研究会(東京:2006年10月28日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

精神疾患モデル動物とストレス反応:モデル動物から新たな治療戦略を考える

野田幸裕

都市エリア産学官連携推促進事業(発展型)平成18年度第2回ワーキンググループ研究会(静岡:2006年9月5日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

GDNFおよびTNF-α誘導剤はメタンフェタミン依存を抑制する-覚せい剤依存症治療薬の開発を目指して-

丹羽美苗,新田淳美,山田裕一郎,斉藤邦明,清島 満,Liya Shen,野田幸裕,鍋島俊隆

第17回21世紀COEプログレスレポート会議(神経再生・発生)(名古屋:2006年7月26日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

可塑的脳機能障害におけるニコチン性コリン作動性神経系の役割(Ⅳ)-アミロイドβタンパク分解酵素neprilysinによるラットの学習記憶能力およびニコチン受容体機能への影響-

毛利彰宏,Li-Bo Zou,伊東亜紀雄,新田淳美,鍋島俊隆,野田幸裕,岩田修永,西道隆臣,平松正行,三輪将也,鬼塚文子

公益財団法人喫煙科学研究財団第21回平成17年度助成研究発表会(東京:2006年7月13日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

Neprilysin-sensitive synapse-associated Aβ oligomers impair neuronal plasticity and cognitive function

Toshitaka Nabeshima, Yukihiro Noda, Akihiro Mouri, Shu-Ming Huang, Hideko Kokubo, Ryuichi Nakajima, Takahiro Suemoto, Makoto Higuchi, Matthias Staufenbiel, Haruyasu Yamaguchi, Takaomi C. Saido, Nobuhisa Iwata

2006 Conference of the Korean Society for Gerontology and Institute of Pharmaceutical Science, Kangwon National University -The 6th Korea-Japan Gerontologist Joint Meeting- (Chuncheon, Korea: 2006年6月22日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

統合失調症モデル動物を用いた認知障害の分子機序の解明および抗精神病薬の効果

毛利彰宏,野田幸裕,新田淳美,古川 宏,鍋島俊隆

第4回21世紀COE若手研究者発表会(名古屋:2006年4月28日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

フェンシクリジン連続投与マウスに認められる情動障害の発現における前頭前皮質グルタミン酸トランスポーターの関与

村井里菜,野田幸裕,鍋島俊隆

第4回21世紀COE若手研究者発表会(名古屋:2006年4月28日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

2006年度フレッシュマン・カンファレンス(講演会・パネルディスカッション):講演2:薬剤師と研究:今こそ必要とされる基礎知識

野田幸裕

星薬科大学(東京:2006年4月8日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

2006年度フレッシュマン・カンファレンス(講演会・パネルディスカッション):講演1:薬剤師は臨床現場で本当に必要とされているのか?

野田幸裕

星薬科大学(東京:2006年4月8日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

臨床医学特論:統合失調症の病態と実験動物を用いた治療薬の開発

野田幸裕

名古屋大学大学院医学系研究科(名古屋:2006年3月16日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

Symposium (Topics in Reward and Addiction): Involvement of ERK1/2 signaling pathway in seeking behaviors induced by methamphetamine in place preference and self-administration

Yukihiro Noda, Hiroyuki Mizoguchi, Ijin Yan, Kiyofumi Yamada, Toshitaka Nabeshima

RIKEN Brain Science Institute One-Day Workshop (東京:2006年3月13日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

覚醒剤およびNMDAによる精神障害の発現の分子機序

野田幸裕,鍋島俊隆,毛利彰宏,森瀬貴子,溝口博之,新田淳美,北市清幸,岩村樹憲

厚生労働科学研究費補助金(医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業)(依存性薬物および未規制薬物による神経毒性と精神病の発現機序に関する研究)平成18年度成果報告会(名古屋:2006年2月24日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

2005年度ヤング・リーダーズ・プログラム(YLP):Development of practical clinical pharmacy education in collaboration of Meijo University with Nagoya University

野田幸裕

名古屋大学大学院医学系研究科修士課程医科学専攻医療行政コース(名古屋:2006年2月14日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

An inducer for GDNF and TNF-α protects methamphetamine-induced reward and sensitization

Minae Niwa, Atsumi Nitta, Yuichiro Yamada, Akira Nakajima, Kazuo Saito, Masami Seishima, Lei Shen, Yukihiro Noda, Shoei Furukawa, Toshitaka Nabeshima

Japan-Canada Joint Workshop on Brain Science (東京:2006年1月18日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

An analogue of dipeptide-like structure of FK506 increases GDNF expression through CREB activated by Hsp90/Akt signaling pathway

Xei Cen, Atsumi Nitta, Satoshi Ohya, Yan Zhao, Naoya Ozawa, Akihiro Mouri, Daizo Ibi, Len Wang, Masami Suzuki, Kazuo Saito, Yoichi Ito, Toshiya Kawagoe, Yukihiro Noda, Yoji Ito, Shoei Furukawa, Toshitaka Nabeshima

Japan-Canada Joint Workshop on Brain Science (東京:2006年1月18日)

他大学における講義・講演、研修会・研究会など

情動・認知障害モデル動物における神経細胞内情報伝達系とグリア細胞の機能変化

鍋島俊隆,野田幸裕,村井里菜,毛利彰宏

特定領域研究(グリア-ニューロン回路網による情報処理機構の解明)平成17年度成果報告会(東京:2006年1月10-11日)