活動報告

活動報告の紹介

研究活動

基礎・臨床研究で得られた成果は、積極的に国内外の精神神経薬理学、神経科学および医療薬学関連の学会や研究会にて報告し、世界を見据えて広く社会に発信しています。また、招待講演やシンポジウムなどにおいても多数発表を行っています。

大学・研究室行事

大学行事として、学生フォーラム、ソフトボール大会、オープンキャンパス、卒論発表や卒業式などが開催され、こうした行事には積極的に参加しています。研究室行事として、鶴舞公園での花見、ゼミ旅行、スポーツフェスティバル、新年会など、1年を通して楽しいイベントを開催し、メンバー同士の親睦を深めています。

国際交流活動

名城大学薬学部 臨床薬学教育・研究推進センターは、学術交流協定を結んでいる米国をはじめとする海外の大学教員や臨床研修生を受け入れ、講義への参加、関連医療施設の見学、症例検討を通し、研究・教育の交流を行っています。 名古屋大学医学部附属病院での臨床研修は、名城大学薬学部 臨床薬学教育・研究推進センターサテライトセミナー室を拠点として、当部門のアドバンスト学生や配属学生が薬剤部と協力して実施しています。アドバンスト学生は病棟・薬剤師外来や関連医局での活動を中心に、臨床研修・症例や研究内容を英語で紹介します。また、日米の薬学教育や文化も紹介し、交流を深めています。

社会活動

くすりを通じて社会を知ることで社会に貢献できる医療人の育成を目指して、地域での「くすり教室」や「研修」活動を積極的に実施・参加しています。中でも、特定非営利活動法人医薬品適正使用推進機構(NPO J-DO)は、国民にくすりを安全に安心して使っていただくために薬剤師や国民に対する教育講演や学会を開催しています。その活動の一つとして、小学生にもくすりのことを知ってもらう講義や体験実験(くすり教室)を行っています。2014年度からは、薬物依存に関連する講義や体験実験も行っています。

2009年11月13~15日

第19回日本臨床精神神経薬理学会・第39回日本神経精神薬理学会合同年会        The 1st Meeting of the Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP)(京都)

「第19回日本臨床精神神経薬理学会・第39回日本神経精神薬理学会合同年会」が、国立京都国際会館にて、開催されました。

当部門からは、野田幸裕教授が、講演を行い、精神科領域の薬学教育について、名城大学にて行われている取り組みを紹介しました。なお、今年度はThe 1st Meeting of the Asian College of Neuropsychopharmacology(AsCNP)が同時開催されており、両年会の演題として、修士課程2年の山田真之亮が、ポスター発表を行いました。ポスター発表のセッションでは、AsCNPとの同時開催ということもあり、例年にはない多くの演題が見受けられました。その中で、統合失調症患者の遺伝子発現変化やスプライシング変異を網羅的に捕らえようとする本演題の内容は、同様の解析を行っている他のグループも見受けられず、討論時間の間ポスターの前から参加者が絶えることない大変注目を集めるものでした。

(報告者:山田真之亮)

【シンポジウム】
野田幸裕(11月15日)シンポジスト
シンポジウム7:精神科領域における薬剤師の臨床教育と薬学教育
「教育現場と臨床現場における精神科専門薬剤師の役割」
【ポスター発表】
山田真之亮(11月13日)
「Genome-wide Analysis of Gene Expression Profile and Transcript Isoform Variation in Schizophrenia」

2009年10月24~25日

第19回日本医療薬学会年会(長崎)

「第19回日本医療薬学会年会」が、長崎ブリックホール、長崎新聞文化ホール、NCC&スタジオ、長崎県医師会館および長崎県立総合体育館にて、「医療薬学の創る未来:科学と臨床の融合」をテーマに開催されました。
当部門からは、当部門の野田幸裕教授が、シンポジウムS18にて講演を行い、修士課程2年の玉地亜衣先輩、永野友美先輩、小路恵子先輩と修士課程1年の小谷 悠がそれぞれ、薬物療法(精神科領域)、がん薬物療法(入院化学療法)、がん薬物療法(外来化学療法)および薬学教育の分野でポスター発表を行いました。各発表において、全国から集まった参加者との活発な質疑応答や意見交換が行われ、各研究における課題を認識することができました。今後の活動方針を検討していく上でも貴重な機会となり、大変有意義な時間を過ごすことができました。
(報告者:小谷 悠)

【シンポジウム】
野田幸裕(10月25日)シンポジスト
シンポジウムS18:薬剤適正使用を目指す精神科専門薬剤師
「向精神薬の適正使用について:薬物相互作用の観点から」

【ポスター発表】
玉地亜衣(10月24日)
「精神科病院における患者のアドヒアランス向上に向けた薬剤管理業務の構築」
永野友美(10月24日)
「がん化学療法により摂食障害を誘発した患者に対する食事指導用説明書の作成」
小路恵子(10月24日)
「外来がん化学療法の有害事象調査に基づいた患者向け説明書の作成」
小谷 悠(10月24日)
「薬学生による児童向けくすり教育の実践」

2009年9月26~27日

The 9th Asian Conference on Clinical Pharmacy(ソウル、大韓民国)

「The 9th Asian Conference on Clinical Pharmacy」が、大韓民国ソウルにおけるCOEXコンベンションセンターにて開催されました。

当部門からは、野田幸裕教授がPlenary Speechを、修士課程1年の小谷 悠がOral Presentationを行いました。各講演を通して、アジア圏を中心とした各国における薬剤師の教育制度および活動の相違について学ぶ好機となりました。各国で活躍する薬剤師が集い、国境を越えて薬剤師の展望について意見交換がなされることは、薬剤師教育の発展および薬剤師技能の向上に繋がるものと期待されます。

(報告者:小谷 悠)

【Plenary Speech】
野田幸裕(9月26日)
「The Cooperation between Meijo and Nagoya Universities over the Practical Education/Research of Clinical Pharmacy Formed an Affiliated Medical- Pharmaceutical School」
【Oral Presentation】
小谷 悠(9月26日)
「Influence of Leukotriene Pathway Polymorphisms on Clinical Responses to Montelukast in Japanese Asthma」

2009年9月16~18日

第45回日本移植学会総会(東京)

「第45回日本移植学会総会」が京王プラザホテルにて、「脳死下臓器提供」、「ABO血液型不適合移植」、および「免疫寛容」の3つを基本テーマに、開催されました。

当部門からは、修士2年の加藤真梨奈が口頭発表を行いました。発表を行ったセッションには、リンパ球を用いた免疫抑制薬の薬力学的な薬効評価方法についての発表が集まり、どの演題でも質疑応答や意見交換が活発に行われる有意義な時間となりました。

(報告者:加藤真梨奈)

【口頭発表】
加藤真梨奈
「B細胞を用いた免疫抑制薬の薬力学的解析:シクロスポリンはB細胞を抑制するか?」

2009年9月14日

The 6th Nagoya-Nanjing-Shenyang Symposium on Pharmaceutical and Life Sciences(名古屋)

「The 6th Nagoya-Nanjing-Shenyang Symposium on Pharmaceutical and Life Sciences」が、名城大学薬学部 臨床薬学教育・研究推進センターにて開催されました。

当部門からは、修士課程2年の山田真之亮が、ポスター発表を行いました。本シンポジウムは、名城大学が学術協定を結ぶ中国薬科大学、瀋陽薬科大学との学術交流を目的としたシンポジウムで、統合失調症をはじめとする精神疾患の基礎研究や臨床研究を行っている発表者や参加者も見受けられ、臨床検体を用いた網羅的発現解析を行っている本研究の内容について、大変興味を示していただいている印象でした。

(報告者:山田真之亮)

【ポスター発表】
山田真之亮
「GENE EXPRESSION AND SPLICING VARIANT ANALYSIS IN SCHIZOPHRENIA」

2009年8月1日

Novartis CPCF Research Grant 2009(CPCF:Ciclosporin Pharmaco-Clinical Forum)(名古屋)

「Novartis CPCF Research Grant 2009(CPCF:Ciclosporin Pharmaco-Clinical Forum)」が、ミッドランドホールにて開催されました。

本会は免疫抑制剤のPharmacokineticsおよびPharmacodynamicsに関する研究を主体としており、昨年のCPCF Research Grant 2009受賞者が研究成果を報告や、近年のimmune monitoringについての紹介、Heidelberg大学のProf. Martin Zeierによる特別講演などが行われました(CPCF Research Grantとは、ノバルティスファーマ株式会社からの研究費助成であり、1研究あたり100万円助成されます。)また、当部門からは、修士課程2年の加藤真梨奈がCPCF Research Grant 2010を受賞しました。来年の発表に向けて、ますます研究に励む予定です。

(報告者:加藤真梨奈)

2009年7月11日

第55回日本薬学会東海支部総会・大会(名古屋)

「第55回日本薬学会東海支部総会・大会」が愛知学院大学薬学部にて開催されました。

当部門からは、修士課程2年の加藤真梨奈、山田真之亮、吉村智子が口頭発表を行いました。質疑応答の時間には、どの発表にも制限時間を上回る多くの質問が参加者や座長から寄せられ、活発な討論が行われました。来年2月に行われる修士論文発表会に向け、今回浮かび上がってきた課題について更なる検討を加えていきたいと思いました。

(報告者:山田真之亮)

【口頭発表】
加藤真梨奈
「リンパ球を用いた免疫抑制薬のPD解析方法の確立」
山田真之亮
「精神疾患発症脆弱性因子の網羅的解析による病態解明のためのアプローチ」
吉村智子
「ヒト脂肪細胞におけるアディポネクチン発現に及ぼすグリメピリドの作用」

2009年3月26~28日

日本薬学会第129年会(京都)

「日本薬学会第129年会」が、国立京都国際会館グランドプリンス京都およびメルパルクKYOTOにて「創と療の伝統と革新」をテーマに開催されました。

本年会には、化学系薬学、生物系薬学、物理系薬学、環境・衛生系薬学、医療薬学等の研究者が全国から参加していました。当部門からは、修士課程2年生の岸 里奈先輩と学部4年生の小谷 悠が生物系薬学の分野でそれぞれポスター発表を行いました。両発表において、参加者との活発な質疑応答や意見交換が行われ、研究における課題を認識し、野田幸裕教授の助言の元、今後の方針を検討するよい機会となりました。

(報告者:小谷 悠)

【ポスター発表】
岸 里奈(3月28日)
「日本人健常者における5-HT3受容体遺伝子多型の頻度解析:抗がん剤誘発性悪心・嘔吐への臨床応用」
小谷 悠(3月28日)
「気管支喘息•咳喘息患者におけるモンテルカストナトリウムの有効性に関する遺伝子解析」

2009年3月16~18日

第82回日本薬理学会年会(横浜)

第82回日本薬理学会年会」が、パシフィコ横浜にて「病態生理に基づく薬理学」をテーマに開催されました。

当部門からは、修士課程2年の水野智博先輩、脇由香里先輩、1年の山田真之亮、学部4年生の新美友世が参加しました。水野智博先輩が口頭発表を行い、参加者から寄せられた多数の質問に対して的確に答えていました。また、脇由香里先輩、山田真之亮、新美友世がポスター発表を行いました。討論発表の時間には、どの発表に対してもたくさんの参加者が集まり、活発な議論が行われ大変有意義なものでした。

(報告者:山田真之亮)

【口頭発表】
水野智博(3月16日)
「正常腹腔内における膜補体制御因子の役割」
【ポスター発表】
脇由香里(3月16日)
「グルタミン酸トランスポーターGLASTの学習・記憶および情動における役割」
山田真之亮(3月17日)
「日本人の統合失調症患者と健常者におけるPTPRZ1遺伝子多型の関連解析」
新美友世(3月17日)
「排液中TGF-βの腹膜機能マーカーとしての検討」

2009年8月24-25日

2009年度 ゼミ旅行(長野)

「2009年度 ゼミ旅行」で長野県安曇野に行ってきました。

 

 

8月24日

バスをレンタルし、アルプスの丘家族村へ。

昼食には山賊焼き(BBQ)を行いました。

昼食後は安曇野ワイナリーに行きワインを試飲し、

大王わさび園へ行き「わさびソフトクリーム」等々、

各種わさび食品を堪能した後、いわさきちひろ美術館へ。

いわさきちひろ作品や、世界の絵本の世界を楽しみました。

夜はペンション「花ことば」に泊まり、美味しい料理を頂きました。

 

8月25日

早朝に気球体験をした後、

グループに分かれてそば打ち体験をしました。

おいしくそばを食べた後、アートヒルズ安曇野にて

ガラス工芸体験をしました。

その後はホースランド安曇野で乗馬体験をしました。

 

新しく4年生が配属され、今年も大人数でのゼミ旅行となり、

2日とも天気に恵まれ、空気の澄んだ高原地で素敵な思い出を

作ることができ、とてもリフレッシュできました。

また新鮮な気持ちで研究生活に臨んで行きたいと思います。

 

(報告者:桑原宏貴)

2009年5月6日

スポーツレクリエーション&食事会

「スポーツレクリエーション&食事会」が開催されました。

生憎の雨模様により、予定していたBBQができませんでしたが、体育館でバレーボール、バスケットボール、バトミントン等のスポーツをしました。先生方、卒業した先輩方も含めて大勢で久々に汗を流しました。その後食事会を行いました。石川先生、お誕生日おめでとうございます。

(報告者:桑原宏貴)

2009年4月8日

新入生歓迎会

「新入生歓迎会」が開催されました。

今年から病態解析学のメンバーに加わった新たな修士1年生の歓迎会を行いました。まだまだ不慣れなところばかりですが、周りと力を合わせて2年間も頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。

(報告者:桑原宏貴)

2009年4月1日

お花見

「お花見」が鶴舞公園にて開催されました。

天候に恵まれ、いいお花見日和で、楽しいひと時を過ごすことができました。

(報告者:桑原宏貴)

2009年3月18日

卒業式

「卒業式」が開催されました。

当部門からは、修士2年生3名、学部4年生10名、無事卒業することができました。

就職される皆様、今までお疲れ様でした。この病態解析学で学んだ経験を活かして、新たな環境での益々のご活躍をお祈りしています。

今後も病態解析学に進学される皆様、大変な日々が待ち受けているかもしれませんが、一緒に頑張りましょう。

(報告者:桑原宏貴)

2009年2月20日

2008年度 大学院薬学研究科修士論文発表会

「2008年度 大学院薬学研究科修士論文発表会」が、名城大学薬学部 臨床薬学教育・研究推進センターライフサイエンスホールにて開催されました。

当部門からは修士課程2年の3人が、2年間の臨床実習と研究について発表を行いました。彼らは学部4年から当部門に属し、非常に熱心に臨床実習や研究に取り組んでおり、その集大成ともいえる今回の発表はどれも素晴らしいものでした。また、教員からの厳しい質問に対しても的確に回答を行っていました。我々の1年後の姿を見据える上で、とても参考になる発表会となりました。

(報告者:山田真之亮)

【論文発表】
岸 里奈
「がんおよび喘息疾患における治療薬の応答性に関与する遺伝子の関連解析」
脇 由香里
「神経発生・発達過程におけるストレス負荷による高次精神機能の変容に関する研究」
水野智博
「正常腹膜における膜補体制御因子の機能的役割」

2009年4月27日

サンフォード大学薬学部交換留学生訪問

日本における臨床薬学研修の一環として、米国サンフォード大学薬学部Joshua Stokes君が名城大学薬学部 臨床薬学教育・研究推進センターサテライトセミナー室を訪問しました。
名古屋大学医学部附属病院と連携している当部門での活動紹介として、大学院2年生6名が各医局での研究内容および各病棟における実習研修内容について、大学院1年生6名がこれまでの研究内容について、英語での発表を行いました。Joshua君からの質疑や意見、野田教授による助言を通して発表内容の理解を深めると共に、米国における薬学教育についても学ぶ好機となり、相互に交流を深めることができました。(報告者:小谷 悠)

2009年12月4日

第42回精神神経系薬物治療研究報告会(大阪)

第42回精神神経系薬物治療研究報告会」が、千里ライフサイエンスセンターにて開催されました。

当部門からは、修士課程2年の山田真之亮が研究成果報告を行いました。当会は、2008年度精神薬療研究助成事業によって研究助成を受けた研究の成果報告会であり、合計34件の研究報告が行われました。どの研究もとても興味深い内容で、他の研究者との交友を深めることもでき、大変有意義な1日でした。

(報告者:山田真之亮)

 

 

【口頭発表】
山田真之亮
「プロテオーム解析法を用いた統合失調症発症脆弱性因子の同定」

2009年11月7日

くすり教室「刈谷市立亀城小学校 愛知」

刈谷市立亀城小学校にて 「くすりの正しい飲み方:くすりと安全に安心して付き合う」 「くすり教室」を開催しました。091107 NPO

2009年10月31日

くすり教室「春日井市立坂下小学校 愛知」

春日井市立坂下小学校にて 「くすりの正しい飲み方:くすりと安全に安心して付き合う」 「くすり教室」を開催しました。091031 NPO

2009年9月24日

くすり教室「那覇市立久茂地小学校 沖縄」

那覇市立久茂地小学校にて 「くすりの正しい飲み方:くすりと安全に安心して付き合う」 「くすり教室」を開催しました。090924 NPO

2009年9月19日

くすり教室「名城Day 名城大学天白キャンパス 名古屋」

名城大学天白キャンパスにて 「くすりの正しい飲み方:くすりと安全に安心して付き合う」 「実験講座」を開催しました。090919 NPO

2009年3月7日

Dopamine Serotonin Forum 2009:DSフォーラム2009(東京)

「Dopamine Serotonin Forum 2009:DSフォーラム2009」が、東京都千代田区のグランドプリンスホテル赤坂「五色」にて開催されました。

本フォーラムでは、ドパミン関連セミナー、セロトニン関連セミナーおよびコメディカル対象セミナーの3つの分科会と二つの特別講演が開催され、当部門からは、野田幸裕教授がドパミン関連セミナーにおいて基調講演を行われました。各講演においては、活発な質疑応答が行われていました。統合失調症や気分障害などの精神疾患に対する治療薬として、ドパミンやセロトニンをターゲットとした様々な薬物が上市されていますが、未だ治療不十分な例もあるのが現状です。新規治療薬の開発や既存薬物による、より合理的な薬物療法の実施など、今後の精神疾患に対する薬物療法の発展に期待していきたいです。

(報告者:脇由香里)

 

【基調講演】
野田幸裕(3月7日)
「ドパミンと精神疾患」

2009年3月2日

名城大学学術フロンティア推進事業第1回若手研究者シンポジウム

「名城大学学術フロンティア推進事業第1回若手研究者シンポジウム」が、名城大学薬学部 臨床薬学教育・研究推進センター情報メディア教室にて「人間社会で感じるストレスと解決への手立て」をテーマに開催されました。

本シンポジウムは、若手研究者の育成および交流の場として開催され、当部門からは、修士課程2年の脇由香里が口頭発表を行いました。その他にも若手を中心とした一般口演およびシンポジウムが行われ、各発表に対して活発な質疑応答が行われました。今後もこのような若手研究者の会およびストレスに関連する活発な研究が実施されることが、ストレス関連疾患の病態解明および治療薬開発につながるものと期待されています。

(報告者:脇由香里)

【口頭発表】
脇由香里、吉見 陽、山田真之亮、安藤 雄、野田幸裕
「マウスの発達過程における慢性社会敗北ストレス負荷による社会性行動への影響」

2009年1月9日~10日

平成20年度名城大学学術フロンティア推進事業研究成果報告会・第13回神経科学領域における分子モニタリングシンポジウム

「平成20年度名城大学学術フロンティア推進事業研究成果報告会・第13回神経科学領域における分子モニタリングシンポジウム」が、名城大学薬学部 臨床薬学教育・研究推進センターにて、「ストレスにより変化する生体内分子のモニタリング」をテーマに合同開催されました。

シンポジウムにおける講演においては、各講演に対し活発な質疑応答が行われ、ストレス関連疾患に対する関心の高さを実感するものでした。研究報告会においては、当部門からは野田幸裕教授が研究成果の発表を行いました。その他にもストレス関連疾患に関する研究の成果が基礎および臨床の両面から報告され、各発表において活発な質疑応答が行われました。多くの人々が様々なストレスによって不安・恐怖・葛藤・失望などの心理的問題を抱えている現代社会において、基礎と臨床が相互に連携した研究によるストレス関連疾患の発症機序の解明および新規治療薬の開発が望まれています。

(報告者:脇由香里)

【口頭発表】
野田幸裕(1月10日)
「ストレスと精神疾患の発症脆弱性に関る分子の探索-発達過程における慢性社会敗北ストレス負荷による高次機能への影響-」