研究室の業績

学会発表

フェンシクリジンに誘発される精神行動障害におけるグリア型グルタミン酸トランスポーター(GLAST)の役割

森健太郎、松本友里恵、肥田裕丈、毛利彰宏、山田清文、尾崎紀夫、田中光一、鍋島俊隆、野田幸裕

第87回日本薬理学会年会(仙台:2014年3月21日)

学会発表

認知機能におけるグリア型グルタミン酸トランスポーター(GLAST)の役割

野田幸裕、長谷川章、谷口将之、肥田裕丈、毛利彰宏、國本正子、山田清文、尾崎紀夫、田中光一、鍋島俊隆

第87回日本薬理学会年会(仙台:2014年3月21日)

学会発表

3,4-Methylenedioxymethamphetamine(MDMA)による認知障害およびセロトニン作動性神経毒性におけるシクロフィリンDの関与

毛利彰宏、野田幸裕、清水重臣、辻本賀英、鍋島俊隆

第87回日本薬理学会年会(仙台:2014年3月21日)

学会発表

神経発達障害の発症脆弱性の関わる共通因子:プロスタグランジンE2の可能性

肥田裕丈、毛利彰宏、森健太郎、古屋敷智之、山田清文、尾崎紀夫、成宮 周、鍋島俊隆、野田幸裕

第87回日本薬理学会年会(仙台:2014年3月19日)

学会発表

同種造血幹細胞移植患者とその他血液疾患患者におけるL-AMBの安全性の比較検討

向山直樹、池田義明、加藤実穂、加賀谷裕介、川島直実、鴨下園子、渡壁恭子、横畠絵美、清水奈緒子、倉橋信悟、小澤幸泰、宮村耕一、野田幸裕、森 一博

第36回日本造血細胞移植学会総会(宜野湾:2014年3月7日)

学会発表

インスリンはcAMP依存性・グルコース非依存性にレプチン分泌を促進する

椿井 朋、野田幸裕、伊東和真、藤谷 淳、清野祐介、中尾 誠、大磯ユタカ、濱田洋司

第17回日本病態栄養学会年次学術集会(大阪:2014年1月12日)

学会発表

生着日と疼痛に着目したフィルグラスチムとレノグラスチムの比較検討

向山直樹、佐藤貴彦、加藤実穂、加賀谷裕介、中島麻梨絵、川島直実、渡壁恭子、瀬戸愛花、福島庸晃、倉橋信悟、小澤幸泰、宮村耕一、野田幸裕、森 一博

第37回日本造血細胞移植学会総会(神戸:2014年3月7日)