活動報告

社会活動

くすりを通じて社会を知ることで社会に貢献できる医療人の育成を目指して、地域での「くすり教室」や「研修」活動を積極的に実施・参加しています。中でも、特定非営利活動法人医薬品適正使用推進機構(NPO J-DO)は、国民にくすりを安全に安心して使っていただくために薬剤師や国民に対する教育講演や学会を開催しています。その活動の一つとして、小学生にもくすりのことを知ってもらう講義や体験実験(くすり教室)を行っています。2014年度からは、薬物依存に関連する講義や体験実験も行っています。

2016年11月23日

くすり教室「出前実験授業 くすり教室 一宮2016 愛知」

尾張一宮駅前ビル(i-ビル)にて、一宮市薬剤師会との共同企画として「くすりの正しい飲み方:くすりと安全に安心して付き合う」 「くすり教室:実験講座」を開催しました。161123 NPO

2016年11月1日

中部経済新聞コラム掲載:野田幸裕教授

中部経済新聞において、野田幸裕教授のコラムが掲載されました。161101 中部経済新聞

2016年9月12日

くすり教室「名古屋市立八事小学校 名古屋」

名古屋市立八事小学校にて 「くすりの正しい飲み方:くすりと安全に安心して付き合う」 「くすり教室:実験講座」「薬物乱用・依存」 を開催しました。160912 NPO

2016年6月28日

くすり教室「日進市立香久山小学校 愛知」

日進市立香久山小学校にて、名城大学と日進市による提案型連携事業第1弾(平成28年度提案型大学連携協働事業)、名城大学薬学部 臨床薬学教育・研究推進センターによる科学実験出前授業として「くすりの正しい飲み方:くすりと安全に安心して付き合う」 「くすり教室:実験講座」を開催しました。160628 NPO

2016年2月18日

くすり教室「一宮市立大志小学校 愛知」

一宮市立大志小学校にて 「くすりの正しい飲み方:くすりと安全に安心して付き合う」 「くすり教室:実験講座」を開催しました。160218 NPO