http://www2.meijo-u.ac.jp/~tsai/cms/wp-content/uploads/2018/04/top-1.jpg

 

ご挨拶

固体表面上にて生じる現象を考え,分子レベルから新規材料を設計し・創製を行なっています。
才田研究室では,燃料電池の心臓部ともいえる“電極触媒”やリチウムイオン二次電池に代表される蓄電デバイスの“電極材料”に関する研究を行なっております。

燃料電池も蓄電デバイスも電極表面上での化学反応により電子の授受を行なうため,“化学反応が起こる場所”が重要です。この化学反応が起こる場所を理解し,分子レベルから設計指針を立て,実際に新規材料を創製することを目的としています。

 

また,ゼミ等は,丸山研と共同で行なっております。

ページトップへ