研究紹介

商業施設作業ロボットの目

家事手伝いロボットが実用化されないのを疑問に思っている人はいるでしょう。実は、ロボットは工場のような決まりきった環境でないと、物を見つける、見つけた物の位置や姿勢を把握する、つかむ場所を決める、といった人間が普通に行っていることを確実にはできません。
本研究室では、工場から一歩外へ出て、商業施設で労働力不足を補うためのロボットの開発に取り組んでいます。現在は特に「見つけた物の位置や姿勢を把握する」ことに注力し、コンビニ商品の陳列作業の自動化を目指しています。

商品陳列ロボット

我々と株式会社東芝で共同開発したロボットは、経済産業省が主催のコンビニ商品陳列ロボットの世界大会で優勝し、経済産業大臣賞を受賞しています。
トップページのトロフィーは世界大会優勝時にいただいたものです。

実験・検証用ロボット

普段は株式会社デンソーウェーブのCOBOTTAを使って研究しています。COBOTTAを改良し、赤外線で距離も測れるカメラも搭載させています。

自動運転車の目

我々がカーナビを見ながら目的地へ行くように、自動運転車も自動運転用の地図を使って、自分の位置を正確に把握しながら、運転を行います。しかし、自動運転用の地図は、地図作成用の専用車両で作成しており、地図を作ること、地図を更新していくことにとてもコストがかかります。
本研究室では、自動運転の実用化を目指し、一般車両に搭載されたセンサで自動運転用の地図を作成することに取り組んでいます。

実験・検証用ロボット

自動車での自動運転実験の前に、小型移動ロボットで自動運転用の地図作成や自動運転のテストを行っています。搭載しているセンサは、二つのカメラを使用して距離を測れるステレオカメラと、レーザーで距離を測れるLiDARです。

ページトップへ