将来(2030年~2050年)の電力系統は

  • ・再生可能エネルギーの大量導入
  • ・新しいエネルギー機器(蓄電池・電気自動車)の普及
  • ・新たな制御リソース(デマンドレスポンス)

といったこれまでにない大きな変化が予想されています。

当研究室では、このような変化に対する新しい電力需給制御や電力潮流制御の研究を行っています。

<新型コロナウイルス感染症への対応>

当研究室では現在、リモート研究も併せて実施しています。

(詳しくはこちら

ページトップへ