第4回未来こども園デザインコンペ U30部門 にて優秀賞・UR賞

第4回「未来こども園 建築デザインコンペ」の社会人も含むUnder30部門にて、生田研のチームが受賞しました。本コンペには、全国より113チームが参加し、その中から2チームが上位4作品に入りました。

コンペのテーマは、『世界を守るこども園』。持続可能な開発目標 「SGDs」を参考としながら、社会の変化とともに進化するこども園の新たな可能性と未来を目指すこども園のあり方の提案が求められました。

https://us1130.co.jp/compe/

優秀賞: 

「おかえり、おなかすいてる? 〜めぐる子ども つむぐ家〜」
鎌内咲甫さん( 4年 )、岩村樹里さん  ( 4年 )
清水夏海さん ( 3年 ) 、伊藤真央さん ( 3年 )

本提案は、子どもの世界を守るシェルターをコンセプトに、子ども達が安心できる第二の我が家のような子ども園を提案しています。さらに、地域住民が関わり運営する子どもキッチンとグロッサリー、 園内にはそこで使う食材を育てる畑を計画し、「食の循環」を利用した地域連携システムを提案しています。また巻貝の形から建築のデザインコードを採用し、外部環境を徐々に取り込むソーニングと子ども達が伸びやかに駆け回る回遊デッキを計画しており、螺旋状の空間の魅力が審査員に高く評価されました。

UR賞:

「芽吹の曲がり路」
加藤駿一さん( 修士1年 )、長谷川真央さん ( 4年 )
川久保成さん ( 3年 )

本作品は、こどもの表現の場と地域との融合を大切に設計しています。こども園に地域住民の使用する場を「曲がり路」として組み込み、こどもの発達課程に応じた、地域との繋がり方を提示します。上に下にクネクネと曲がる曲がり路は、こども達の隠れ場・大人に披露する場となり、セキュリティを確保しながら、自由で自主的な活動を生み出しています。審査員からは、成長に伴う発達段階に応じて大人との交流関係を調節するような空間配置が評価されました。地域の大人が見守る中で、こども達が、自身を存分に発揮できるこども園の提案です。